求人情報の「人と仕事をつなぐ求人」です。

企業において必要なもの

どの様な企業においても必要なものがたくさんあります。それは資金であったり、工場や事務所などの設備でもあったりします。もちろん依頼や発注などの仕事自体も大切と言えますが、それ以上に必要なものがあるのです。それは働く人達…つまり人材です。

仕事の場において人が携わる場所は多いと言えるでしょう。サービス業や営業関係は人が最前線に出る事になりますし、製造業工場がいくら機械化されようともそれを動かす人が必要になります。またアイディアを生み出すのも人なのです。例え従業員が一人もいない企業だとしても、経営者がいる以上はそれも大切な人材です。

このページの先頭へ

人材を集める理由と方法

企業が人材を必要とする状況は様々です。新しく会社を立ち上げたり、新規事業をおこなうなどの業務拡大もあれば、退職者による欠員の補充などがあります。その場合、すでに人材のアテがあるのなら良いのですが、そうで無ければ求人をしなければなりません。では求人の方法には、どの様なものがあるのでしょう。

例えば、知人などに声を掛ける、同業あるいは異業種からスカウトする、職種によっては街中でスカウトする、などの方法もありますが、これらは企業としての在り方や効率の面からも、あまり一般的な方法とは言えません。スピーディかつ、より良い人材を集める為には、より多くの人が見る様、公において求人をおこなう必要があるのです。

求人また世の中には、その仕事において素晴らしい適正を持った多くの人材がいます。その人達の眼に留まる為には、より多くの人に求人の事を知って見て貰わなくてはなりません。

このページの先頭へ

求人の媒体

求人求人の方法としてはいくつかありますが、まずハローワークなどへの求人があり、掲載側からすると掲載料といった経費が掛からない事が一番のメリットです。また、より真剣に仕事を求める人が目にする機会が多いのも特徴です。
最近では、直接ハローワークに訪れなくてもネットで検索する事が出来るので、仕事を探している人にとっても、より便利になっていると言えます。ただし、ハローワークを通した応募の場合には結果の報告などをしなければならないので、しっかりとした企業である事が条件と言えるでしょう。

他の方法としては求人誌、及び情報誌などの求人欄、あるいは新聞の折り込み広告での求人があります。これらは掲載料は掛かるものの、購入自体が無料なので、より多くの人の目に留まる可能性があります。

このページの先頭へ

求職者からの立場として

一方の求職者からして見れば、おそらくはハローワークによる求人であれば信用出来ると言った安心感があると思いますが、求人誌も決して信用出来ない訳ではありません。むしろ求人誌は掲載する為に経費が掛かる為、企業としても冷やかしで載せる事が無いからです。

また近年の情報社会は、仕事探しにも大きく影響しており、ネットから探した方が有利な事も多いと言えるでしょう。

このページの先頭へ